長所につなげよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職のための履歴書や就職活動のエントリーシートなどは、ほとんどの書式がJISなどで統一されていたり同じような形式になっていたりしています。
特技や自己PRという欄はありますが、短所のみを記入する欄というは一般的にあまりありません。
かといって自己PRの欄に長所ばかりを記入するのも、かえって自分自身に甘い性格だと判断されるケースもあるので気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

さりげなく盛り込む

長所と短所を並べて書くだけでは、やる気や入社したい意思が伝わりません。
さりげなく短所を盛り込んで、その短所が長所につながるように記入する方が、企業の面接担当へよい印象を与えます。
例えば短所が「自分ひとりではなかなか物事を決めかねる傾向がある」場合などは、「優柔不断」と簡潔に書くよりも「自分だけで決められない時もありますが、そんな時は周りの者の意見を参考にするようにしています。」と書いた方が協調性をアピールすることにつながります。

また同じケースで面接試験の場合は、「自分で即決できるよう、日頃からできるだけ多くの情報を集めるようにしたい。」と付け加えると前向きな考えがアピールできます。
短所というと自分の足りない欠点の部分なんだと悲観的にとらえがちですが、その欠点を補うくらいの長所を持とうとする事が大切です。

短所をなくすということは、どんな人にとってもかなり難しいことでし、残念ながらそう簡単には変えられません。
自分には短所があるからダメなんだと考えず、短所があるけどそれをカバーするこんな長所があるんだと考えを切り替えるようにしましょう。
そうすることにより、自分の短所がどのように長所につながるかの答えがきっと見つかるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加