短所の見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身の短所は、どのようにして見つけるのがベストなのでしょうか。
やはり友人が家族といった身近な人に聞いてみるのがいいでしょう。
友人の場合なかなかシビアに答えてくれないかもしれませんが、就職活動の為であることを伝えれば真剣に答えれくれるはずです。
場合によっては遊び感覚で互いを分析した方が、案外本当のことを言ってもらえるかもしれません。

スポンサーリンク

家族にも聞いてみよう

その点家族は、結構シビアにこたえてくれるでしょう。
両親は年長者である分多くのことを経験しているので、厳しい事もずばりと言ってくれるでしょう。
特に兄弟姉妹は長所よりも、短所に関して日頃から敏感に反応していることが多いといえます。
但し必要以上に両親に溺愛されているようであれば、あまり参考にはならないかもしれません。

そのようにして周りの人に意見を参考にして、1度自分自身でよく考えてまとめてみるのがいいでしょう。
ノートやレポート用紙などの1ページを使って、左半分に自分の長所を右半分に短所をそれぞれ行をかえて記入します。
書き終えたら長所と短所それぞれの反対側が空欄になっているますが、今度はそれを埋めて行きます。
短所が空欄であれば記入された長所のことばを変えて、また長所が空欄であればことばを変えて短所の欄に記入して行きます。

例えば「三日坊主」という短所であれば、長所の欄に「いろんなことに興味が持てる」などのようにして書き入れましょう。
少し面倒かもしれませんが、そうすることで本当の自分の短所が見つけられるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加