短所をうまく答えるために・まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接試験などでは必ず聞かれる短所についてですが、もう一度整理しておきましょう。
企業の面接担当は短所について質問することによって、いろんな点であなたを観察しています。

スポンサーリンク

客観性

まず客観的に自分自身を見ることが出来ているか、自分の得手不得手を正しくとらえられているか。
自分に長所や短所を正確に押えられているかという点もありますが、むしろ物事の本質をとらえることができているかという点でも問われるところです。

長所として

マイナスイメージを持たせないように、短所を長所につなげて話せているか。
物事には、必ず二面性があります。
マイナス面ばかりとらえていると、本来の目的とは異なる方向に進んだり、まったく的外れな成果につながったりします。
どんな困難にも前向きに対応できるか、仕事上のトラブルにも立ち向かう事ができるかといったことを判断されます。

学び

過去に失敗したことから何かを学んで、繰り返さないようにしているか。
短所の事例を盛り込むことは、失敗の事例を話す事にもなります。
むろん仕事における失敗はゆるされませんが、採用企業としても多少のリスクは覚悟の上です。
その失敗から何を学んだか、また同じ失敗を繰り返さないように知恵を出し工夫しているかということを採用担当は知りたがっています。

工夫

知恵を出しや工夫をこらしているか、これは社会人に常に求められる重要な能力です。
短所を示す事例は具体的に的をえているか。
本当に日常生活からの事例ないのか、短所に無理に結び付けていないかなどをうわべだけになっていないか厳しく判断されます。
短所をうわべだけで答えたりすると、かえって逆効果になることも少なくありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加