短気・気が短い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おこりっぽかったり、すぐにカッとなりやすい人の問答例です。
おこりやすい、カッとなりやすいと表現するよりは、熱くなりやすいという程度にとどめておくべきです。

スポンサーリンク

熱くなりやすい

面接官「友人や家族などからどんなところが短所だといわれますか?」
応募者「はい。自分なりに思い入れのあることに関して、熱くなりやすいと言われたことがあります。」

面接官「どんな時に言われましたか?」
応募者「はい。友人がもうひとりの友人に授業内容をまとめたノートをかりたのですが、コーヒーをこぼして借りていたノートを汚してしまうことがありました。そのとき、自分のノートではないのですが、汚した友人になぜ気をつけなかったのかときつく言ってしまいました。」

面接官「自分のものでもないのに、なぜ怒ったのですか?」
応募者「ノートを貸した友人は、普段から授業内容を丁寧にノートにまとめているのを知っていましたし、そのことを友人自身が誇りに思っていました。その友人にとっては、そんなノートはとても大切なものであったはずです。その友人の思いを大事にしなかったことに、すごく腹立たしく思いました。」

面接官「あなたにきつくいわれた友人とは、どうなりましたか?」
応募者「すこし言い合いになって気まずい雰囲気になりましたが、わるかったことを認めて貸してくれた友人に謝ってくれました。ノートを貸した友人も、自分のことのように怒った私に感動してくれてました。その友人達とは、それ以後も変わることなくむしろそれまで以上に仲良くつきあっています。」

面接官「逆恨みされたりしなかったのですか?」
応募者「そのような性格の友人ではありません。ただ、時折そのことを思い出して怒った様子をまねされ、笑い話しにされることがりますが、ねが照れ屋な性格の友人なので彼なりにそのことを忘れずに気をつけるためにやっているのだと思っています。社会人になっても、彼らとはずっとつきあっていくつもりです。」

面接官「友人と同じ会社を受けようとは思わなかったのですか?」
応募者「自分の一生の仕事をそのような形で決めようとは思いません。これは、友人もきっと同じ考えだと思います。それぞれ別の会社で切磋琢磨する方が、いい刺激になりより長く付き合うことが出来るのではないかと思っています。友人とのノートの一件は、それまで以上に友情を深めるいいきっかけになりました。」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加